海外で自由に働きたい人必見!日本語教師になるには?

外国人に日本語を教える仕事って楽しそう。
オーストラリアでもそういう仕事がしてみたい。

海外でノマドワーカーになりたいんだけど、
日本語教師ってお金稼げるのかな?

日本で外国人に日本語を教えてみたい!

海外で自由に在宅ワークがしたい!

そう思った方に今回は「日本語教師の資格を持っている姉やん」

・日本語教師って資格が必要なの?

・日本語教師の資格ってどうやって取るの?

・メリットとデメリットは?

・海外で本当に求人はあるの?収入は?

といった疑問にお答えします。

こんな人に「日本語教師」はオススメ!

・海外で暮らしたい

・外国人と接する仕事がしたい

・ノマドワーカーになりたい

・スキマ時間に副業がしたい

そう思っている人はぜひ記事を最後まで見ていってくださいね。

目次

日本語教師ってどんな仕事?

日本語教師は

「日本国内・国外で日本語を母語としない人」

「国外で日本語補習学校に通うお子さん」に日本語を教えるお仕事です。

正しい日本語の発音や文法、読み書きを教えるだけでなく、日本の伝統文化や歴史を教えるのも日本語教師の大事な役割です。

日本語教師の資格を取ると、日本国内・海外のこのようなところで働くことができます。

最近では日本語をオンラインで教えることもできます。

[日本国内]

・外国人むけの日本語学校

・技能実習生の研修センター

・企業の日本語講師

[日本国外]
・現地の民間日本語学校

・現地の中学校や高等学校

・日本語補習校

・青年海外協力隊

日本語教師の資格は必要?どうやって資格を取るの?

※法務省告示の日本語教育機関で就労する場合、修了に加え、学士資格または、
日本語教育能力検定試験合格を有する必要があります。

オンラインで日本語教師として働くのであれば、資格がなくともできます。

しかし、日本語学校や研修センターなどで働く場合は資格が必要となります。

日本語教師の資格をとる方法は

・文化省届出受理420時間カリキュラムを修了する

・日本語教育能力検定に合格すること

・4年制大学・大学院で日本語教育を専攻する

この3つになります。

姉やん

わたしはこの中の
「420時間カリキュラム」を修了しました。
日本語教育能力検定の講義もありましたが、
難しくて勉強はしなかったです。

おすすめは文化省届出受理420時間カリキュラムを修了することです。

このカリキュラムだけでは法務省告示の日本語教育機関では働くことができませんが、オンラインや民間の日本語学校で働くには十分です。

日本語教師の資格をとるのは簡単?どのくらいの期間が必要?

姉やん

わたしはオンラインで資格を取りました。
受ける講座によりますがわたしの場合は「英語で日本語を教える講座」だったので、課題は英語で提出でした。
ビデオをみて、それをまとめる感じだったので難しくはなかったです。
期間は8ヶ月かかりました。

日本語を教えるということで発音・文法だけでなく

日本語教育・教え方の歴史、言語はどのように習得・発達していくのかなど、教える際の基礎となる部分も知らなければなりません。

ただオンラインの講座だと、課題を提出する形なので暗記や難しいことはありませんでした。

期間は半年〜1年のところが多いようです。

日本語教師養成講座の受講料はどのくらい?

50万円前後が多いです。

月割のところが多いので、月8000円程になります。

日本語教師の資格は「教育訓練給付金」の対象となる場合が多いので、修了時に給付金がもらえるところを選ぶと良いでしょう。

日本語教師になるメリット・デメリット

メリット

・世界中のどこにいても、PCさえあれば働ける 

・外国人と交流ができる

デメリット

・教案・教材の作成に時間がかかる

・民間の日本語学校(講師)は給料が安い

メリットはやはり日本国内・国外どこにいても働けること。

デメリットは初めのうちは慣れるまで大変です。教案の作成や授業の準備、アシスタントなどやることがたくさんあります。

わたしはitalkiで日本語教師をしています。
海外のあちこちで仕事ができるのがメリットです。
月収は変動がありますが30万円ほど。
好きな時間にできるのがいいですよ。

わたしの友達はオンラインで日本語を教えているノマドワーカーです。

日本語教師にやりがいを感じており、楽しんで仕事をしています。

姉やん

わたしは日本語教師としては働いていませんが
日本語学習に興味のある外国人に
日本語を教えたりしています。
本当は彼氏に教えたいのに、彼はあまり興味がなくて・・・泣

海外で求人はあるの?収入は?

アジア圏とくに東南アジアでは、日本語を学びたい人も多く求人が多いです。

わたしの住んでいるオーストラリアでも民間の日本語学校があり求人を出しているところもあります。

たまに領事館から日本語教師募集のお知らせをもらうことも。(よくブリスベン領事館から求人のお知らせが来ていましたね)

収入の平均は330万円。月収24万1000円という数字が出ています。

非常勤講師だと1コマ1950円だそうです。

参考URL:https://japanese-bank.com/work-tips/japanese-teacher-salary

年収としては低めです。

実績をつけてから海外でオンライン日本語講師として働くこともできるなど、自由がきく職業だと言えます。

まとめ

日本語教師の資格をとるには

・420時間の日本語教師養成講座を修了する

・日本語教育能力検定に合格すること

・4年制大学・大学院で日本語教育を専攻する

の3つのルートがあります。

日本語教師の仕事は日本国内・国外にあり、最近はオンラインで日本語を教える需要も増えてきています。

海外で自由に暮らしたいという人には、持ってこいの仕事と言えるでしょう。

          

完全オンライン授業に興味がある方↓

\アルクの日本語教師プログラムはこちら/

      

東京のスクールに通って資格を取りたい方↓

\東京にある三幸日本語教師養成カレッジについてはこちら/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる