[社会人向け]ワーホリ・語学留学へ!いつから何を準備するのかロードマップ

ワーホリでオーストラリアに行きたいんだけど
いつくらいから何を準備したらいいのかわからない。

みんなどのくらいの期間かけて
準備しているんだろう?

現在ワーキングホリデー後のコロナビザで3年以上オーストラリアにいる姉やんです。

私もワーキングホリデーに来る前は

「いつから留学エージェントに相談すればいいんだ?」

「公的手続きっていつまでに済ませればいいんだ?」

と思っていました。

周りの友達は誰も海外に行っている人はいなかったですし、相談できる人もいませんでした。

そんな悩める海外に行きたい社会人の皆さんに

「いつから何準備すればいいロードマップ」

を私が経験してきたこと、後悔したことをお伝えしたいと思います。

\この記事はこんな人におすすめ/

・ワーキングホリデーや語学留学で、何を準備すればいいのかわからない人

・これから海外に行きたいと思っている人

目次

オーストラリア渡航までのロードマップ

姉やん

実は渡航する2年ほど前に一度
留学エージェントに相談しに行ったことがあるんです

留学エージェントさんの相談自体は無料なので、一回お話を聞きに行ったことがあります。

その後2年も時間が開いてしまったのは、色々と環境が変わったからです。

でもエージェントさんからの押し売りなどは特になく、

姉やん

たくさん話をしていただいて
ありがとうございました。
ワーキングホリデーのビジョンが見えてきました。

エージェントさん

いえいえ、いつ渡航したいという時期が決まったら教えてくださいね。
一緒に決めていきましょう。

こんな感じで空白の時間が2年、そして同じエージェントさんにもう一度話を聞きに行くという感じでした。

もう一度話を聞きに行ってから、渡航までの6ヶ月間の間実際に何をしたか説明していきます。

※あくまでも姉やんの経験です。参考程度に。

※コロナが流行する前の話となります。

海外へ行きたいと思ったその日から

・英語の勉強

・お金を貯める

・どの国にどれくらい滞在したいのかざっくりと決める

海外に住んでみるのであれば、これはやっておいて損はないというのが

英語とお金

いや、当たり前でじょ。

と思うかもしれません。

ですが私は英語力がない状態でオーストラリアに来てしまったため沢山お金を使い失敗をしてきました。

お金を持っていないバックパッカー、英語が話せない日本人もたくさん見てきました。

          

正直現在のコロナ禍において

・いつ自分がコロナにかかるのかわからない

・初めての海外で英語を使って働けるのかわからない

という状況です。

お金さえあればしばらく仕事をしなくても暮らしていけますし

英語力があればすぐにお金を稼ぐことができます。

海外に行きたいと思ったその日から行動をすることが大切です。

渡航6ヶ月前〜

・エージェントに相談

・どこの都市、語学学校に行くか決める

・職場に退職することを伝える

私は渡航6ヶ月前にワーキングホリデーでオーストラリアに行くことを決め、相談をしに行きました。

一番初めは、何をしたいのかどこで英語を学びたいか相談し、渡航時期・語学学校を決めていきます。

私の場合は、オーストラリアならどこでも良かったので

エージェントさんがおすすめしたシドニーにしました。

職場への退職願については、病院勤めで4月の新人採用に関わると言われたので半年前に上司に相談をしました。

※会社ごとに規定があると思いますので、自分の職場はいつ退職届を出せばいいのかを確認をしましょう。

ビザや語学学校の手続きをする際、印鑑・パスポートが必要となるので、

パスポートはあらかじめ取っておきましょう。

渡航4ヶ月前〜

・ビザの発行(代行)

・語学学校4ヶ月分と一番最初の滞在場所の代金支払い(全部で65万円くらい)

・航空券をとる

4ヶ月前ではエージェントとの打ち合わせが3回ほど行われ、

お支払いについての説明、ビザの代行発行など少しだけ忙しかったです。

支払いもこの段階でしました。

私の場合語学学校に4ヶ月、滞在するシェアハウス1ヶ月で65万円くらいでした。

1ヶ月だけ行く人もいたり、語学学校に行かない人もいるのであくまで参考程度に見てください。

航空券は早めに取ったほうが安くいい席を確保できます。

私は新千歳空港から間違えて羽田空港行きを買ってしまった事に出発1ヶ月前に気づいたので、出費がかさみました。

渡航1ヶ月前〜

・海外留学保険を決め支払い

・キャッシュパスポートを作り、オーストラリアドルに替える

・海外渡航に向けて準備するものを購入

・オーストラリア内について情報収集

・自宅内の整理・断捨離

1ヶ月前になると仕事も退職し、いろいろ整理を始めました。

上記に記載されているキャッシュパスポートですが、

エージェントから勧められオーストラリアでも使用できるように送金・両替ができるカードです。

また銀行でも現金をオーストラリアドルに替えました。

姉やん

忘れていたのが、使っていた地方銀行口座の
住所変更。海外に行く場合は必要となる場合があります。

キャッシュパスポートについては便利でしたが、必ずしもいるものではないかなと思います。

Wiseという通貨送金ができるサイトがとても便利ですので、そちらを先に使用すれば良かったと後悔しています。

またこの時期はすでに田舎の実家に戻っており、ゴロゴロと無駄な時間を過ごしていました。

その際にやっておけば良かったこととして

・オーストラリアの情報収集

Twitterは情報収集用にアカウントを作っておくと、セカンドビザについてや仕事についてなど経験者や現在もそこで従事している人から情報を得ることができます。

・自宅内の整理・断捨離

私は旅をしている最中に「あ、ものは最小限でいいんだ」と気がつきました。それ以来ミニマルな生活を送っているのですが、実家はまだ物の山で溢れています。来る前に断捨離をしておくべきでした。

渡航2週間前〜

・留学エージェントとの最終確認・手続き

・携帯電話解約の手続き

・サブスクなどの解約手続き

・公的サービスの手続き

出発2週間前にはエージェントとの最終オリエンテーションがあります。

そこで、オーストラリアに着いたらまず行うこと(SIMカード、銀行、タックスファイルナンバーなど)を教えてくれます。

日本でしか使えないサブスクに入っていたら解約しましょう。

携帯電話については当時電話番号お預かりサービスというものがあってそれに登録してしまいました。

結果的に必要なかったので解約すればよかったと後悔しています。

※現在では楽天モバイルが海外にいても0円で電話番号を保持できます。*条件あり

気になる方はこちらから↓(私は帰国したら楽天モバイルに切り替える予定です)

【楽天モバイル】
姉やん

私は以前ソフトバンクを利用していたのですが
お店の人に「〇〇に渡航するので〇〇から使用できないようにしてください」と相談すると簡単に止めてくれましたよ。

公的サービスの手続きは出発の1ヶ月前から2週間前に済ませておきましょう。

・年金の停止・保険証/マイナンバーカードの返還

・海外転出届

私は2週間前に海外転出届を提出し、マイナンバーカード・保険証を返還しました。

しかしその3日後にインフルエンザにかかってしまい再度保険証をもらい、

結局1週間前に再度手続きをする羽目になりました。渡航する前には気をつけましょう。

ちなみにオーストラリアで銀行口座を開設するときにマイナンバーカードの番号を書く欄がありました。

一応マイナンバーカードを返還する前に、番号を控えておいたり写真を撮っておくといいかもしれません。

多分必要ない?もしくは私が使っている銀行だけなのかは不明です。

渡航2週間前〜当日

・家族や友達との時間を過ごす

・パッキング

・最終確認(荷物・航空券・到着後の流れなど)

私は出発前にインフルエンザにかかってしまったので、誰とも会えませんでした。笑

何人もの友達が渡航前送別会を考えてくれていたのですが、全てキャンセルしました。

読者の皆さんにはそうなって欲しくないので、健康管理をしっかりしましょう。

           

また家族といっぱい時間を過ごしてください。

海外に長期でいくとなかなか帰国できません。

姉やん

私はコロナのこともあり3年以上家族に会えていません。
その間におじいちゃんとおばあちゃんは施設に行ってしまいました。
もっと楽しい時間を過ごせば良かったなと後悔しています。

パッキングをして最終確認をしたら渡航前の準備が終了です!

いよいよオーストラリアに向けて出発です!

私の旅立ちの日はまさかの吹雪で飛行機が出発するかしないかわからない状態でした。

母と新千歳空港で「飛ぶかな今日?飛ばなかったらオーストラリアいけないじゃん」

と心配しながら渡航情報を見ていた思い出が浮かびます。

以上で渡航までのロードマップは終了になります。

色々とハプニングもありましたが、無事にオーストラリアにたどり着くことができました。

この記事で海外に行く前ってこんな準備をすればいいんだなと

わかっていただけると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる