12日間1732kmのロードトリップ後編[ケアンズ周辺旅]

姉やん

私たちカップルは2021年7月に
ブリスベン周辺からケアンズまで
ロードトリップをしました。

ドム

前回はAirlie Beachまでいった記録を書いたね。
今回の記事ではDay7-12までを書いていくよ。

姉やん

今回紹介する観光地は
オーストラリアに来たら
絶対に行って欲しいところばかり。

ドム

前編に引き続き
後編も楽しんでいってね。

目次

Day7

この日は早朝からWhitsundays islandのツアーのためにお出かけ。

船に揺られながら30分程度でLookoutへ。

 

ここはオーストラリアに来てから一番感動した風景でもある。

白い砂浜に、ターコイズブルーの海。神秘的であり美しすぎて言葉が出ないほど。

ここでは1時間ほど景色をみたり、砂浜にいくなどの自由時間がもらえる。

その後はまた船に乗ってWhitehaven Beachへ。

このビーチも眺めがよく素敵なビーチだ。

 

昼ごはんとアルコールをもらい、ビーチでのんびり。

優雅な休日を過ごした感満載である。

風が強いのでカーディガンは必要
初めてのパドルボード

ビーチでのんびりした後は、サンゴ礁がみられるシュノーケリング

当たりの日には亀と一緒に泳げるという。

 

私自身泳ぐことができないが、ライフジャケットとプールヌードルでTRY。

綺麗なサンゴ礁と小さな魚が見れただけでも感動。

姉やん

私たちが参加したツアーは
Whitsunday Bulletというツアーです。
一日、お昼ご飯と飲み物、お菓子がついて$150
満足です。興味のある方はぜひ。

ーinfomationー

⭐︎Whitsunday Bullet

https://sailing-whitsundays.com/whitsundays/whitsunday-bullet

Day8&9

この日も大イベントが待ち構えている。

SKY DIVINGだ。

キャンプサイトから車で15分ほどしたところに飛行場があり、そこまでワクワクしながら運転。

Skydive Airlie Beachにて実施。

パラシュートの調整をしたり、飛ぶ時と着地の時のポーズなどを教えてもらいいざヘリコプターへ。

この時は足が震えていた
いきなり落ちるが怖くはなかった

怖かったのはヘリコプターに乗っている最中と、落ちる瞬間だけ。

相方のドムは終始怖かったようだ。

景色は前日に見たWhitsunday islandを見ることができ、グレートバリアリーフを上から見ることができた。

とても良い経験となった。

最後に証明証をもらって記念写真を。

その後は朝食を食べ、少しだけ北上することに。

 

次の目的地はBowen。

ここにはRugby Farmという大きいファームがあり、旅代を稼ぐかと行っていたのだが

仕事をもらっても住む場所がなく諦めてしまった。

Big Mango
公園でBBQを

Bowenの街自体は小さいが、空気が住んでいてとても良いところであった。

2日間過ごしたキャンプサイトは、ファームジョブをしているらしい若者たちで溢れており

サイト自体もキッチンも汚かった。

しかし他国で活躍しており自転車で旅をしている画家さんとの出会いもあり十分楽しめた。

キャンプサイトの眺め
ーinformationー

⭐︎Skydive Airlie Beach

Day10

Bowenを後にしAyrへ。

ファームで知り合った多くの人がAyrでファームジョブをしており、一度行ってみたかった場所でもある。

この日はSilverlink(Discovery parkの傘下)に泊まることに。

キャンプサイト
でかい蛇がいた

二人でビール・アップルサイダー(アルコール)を飲み、まったりと。

夜中に「ガーガー」とすごく怖い声が聞こえており、不審者かそれとも何かの動物か…

と思い確認をすると、ポッサムの泣き声だった。

可愛い顔をして泣き声はおっさんか。とツッコミたくなった。

ーInformationー

⭐︎Discovery Park Ayr

Day11

Ayrを後にし、次の目的地はMission Beach。

お昼ごはんはTownsvilleのWarrina Shopping Centreで好きなものをチョイス。

ここはおしゃれなカフェやフードコートが立ち並んでおり、昼ごろは現地の人で賑わっている。

North East Coastを走る場合にはぜひ立ち寄って欲しいところだ。

間の通路はフードコートに
ここのサンドイッチが絶品

Mission Beachまでの間にはタリーやイニスフェルなどバナナで有名な場所がある。

走っている最中もバナナファームを見ることができ、まさにファーム大国だなと感激。

他にも大きなモニュメントも勢揃いだ。

Cassowary
rain boots
crab

その日に泊まったキャンプサイトはBig4 Tasman Holiday Parkという場所。

そこはキャンプサイト内にCassowaryがうろうろしている。

設備もなかなか良いし、自然豊かでまるでジャングルの中でキャンプをしているみたいだった。

一歩キャンプサイト外に出れば、海の綺麗なビーチに出る。

子供が遊べる施設もあり、ファミリーに大人気
ーInformationー

⭐︎Warrina Shopping Centre

Day12

いよいよケアンズは目の前。

その前に有名観光地に立ち寄る。

天空の城ラピュタのモデルにもなったと言われているParonella Parkだ。

テンションが上がりすぎてずっとラピュタの曲を歌っていた私たち。

さびれ苔が生えた城は風情がある
城の周囲はどこも美しい

ジブリ好きには感動ものだろう。

好きでなくても自然を感じられ、一日中楽しめる。

(3時間までしか入れないことになっているが…)

大人一人$52と高いが2年間有効と何度も行き来できる。

30分おきにガイド付きツアーもあり、建物がいつ建てられて何に使われていたかなど詳しく知ることができる。

この周辺は電波が薄いので、あらかじめ行き帰りの道を調べておくと良い。

ーInformationー

⭐︎Paronella Park

 

そしてケアンズに到着。

12日間のロードトリップでは、スカイダイビングやシュノーケリング、野生動物との遭遇など多くの経験をした。

ロードトリップは現地の人、動物、旅人、歴史と触れ合えるから面白い。

ぜひワーキングホリデーでオーストラリアに来たらやって欲しいことの一つだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる