国際免許証はいらない?オーストラリアワーホリで車を運転するなら現地翻訳がおすすめ?!

これからオーストラリアに行くんだけど
国際免許証持ってったほうがいいかな??

姉やん

何年いる予定?
車は買うの??

セカンドビザを取りたいから2年はいるかな。
メルボルン周辺にずっといようと思っているよ。

姉やん

じゃあ国際免許じゃないほうがいいかな。
他にも運転できる方法はあるよ。

なんで?
教えてよ姉やん!!

これからワーキングホリデーや留学でオーストラリアに来られる皆さん

車を買ってロードトリップをする!ってワクワクされていることでしょう。

国際免許証もしっかり取って・・・と考えているかもしれませんが

「それ、どのくらいの期限か知っていますか??」

\今回の記事ではこんなことがわかる/

・どんな人にどの免許がおすすめか

・オーストラリアで運転する場合の免許について

※ワーキングホリデーでオーストラリアに来る人向けに書いております。永住者はルールが違いますので気をつけてください。

目次

WAまたはSAに住みたい人以外は国際運転免許証はいらない!?

めちゃくちゃ極端なことを言っていますが

日本で国際運転免許証を取ったほうがいい人は

・短期滞在(旅行)者

・早く車の運転をしたい人

・アデレードのあるSA州に住みたい人

・パースのあるWA州に住みたい人

・バックパッカーであちこちで暮らしたい人・ロードトリップをしたい人

におすすめです。

なぜなら国際運転免許証は使用期限が限られているからです。

それについて今回は掘り下げていきます。

国際免許証は州によって期限が違う!

姉やん

日本で発行できる国際免許証は
その国に上陸した日から1年間有効なんですが
オーストラリアでは州によって有効期限が違うんです!

オーストラリアでワーキングホリデー。「すぐに車を買って、ロードトリップをするぞ!仕事を探すぞ!」と意気込んでいる皆さんは日本にいる間に国際免許を取っていることでしょう。

2022年現在で国際免許を取得するには2350円しかかからず、かなり安く取得できます。

しかし、オーストラリアでは滞在する州によって国際免許証の期限が変わるんです。

       

例えばシドニーのあるNSW州では3ヶ月しか国際運転免許証は使用することができず、それ以上滞在する場合にはNSW州の運転免許証を取得する必要があります。

州と期間/そのリンク先は以下に記載しておきます。

州名期間/リンク先
NSW3ヶ月
https://www.nsw.gov.au/driving-boating-and-transport/driver-and-rider-licences/visiting-or-moving-to-nsw/overseas-and-interstate-visitors
VIC6ヶ月
https://www.vicroads.vic.gov.au/licences/new-to-victoria/interstate-overseas-licence-holders
QLD国際運転免許証の期限が切れるまで(2022年8月から変わる可能性あり)
https://www.qld.gov.au/transport/licensing/driver-licensing/overseas/driving
SA12ヶ月
https://www.sa.gov.au/topics/driving-and-transport/licences/interstate-and-overseas/driving-with-an-overseas-licence
NT3ヶ月
https://nt.gov.au/driving/driverlicence/new-to-the-northern-territory/driver-licence-rules-for-new-nt-residents-and-visiting-drivers
WA国際運転免許証(翻訳を持っている人ー日本の免許証)の期限が切れるまで
https://www.transport.wa.gov.au/licensing/visiting-from-overseas.asp
ACT3ヶ月
https://www.accesscanberra.act.gov.au/s/article/act-driver-licence-information-tab-visiting-or-moving-to-the-act
国際運転免許証の期限

ー豆知識ー

姉やん

国際運転免許証のことを英語では
・International Driving Permits(IDP)
・Overseas License
と呼びます。
上記のリンク先を見るときに参考にしてね。

日本の免許証と免許証の翻訳で運転ができる

姉やん

ワーホリ友達の多くはこの方法で
車に乗っている人が多いです。

もうオーストラリアに来ちゃったよ...という人でも翻訳を頼めばOKです。

翻訳は

・自動車運転免許証抜粋証明を取得する(VIC,SA,QLD,ACTのみ)

・NAATI翻訳に頼む方法

・Multicultural NSWの翻訳を頼む(NSWのみ)

こちらの3つが対応しています。

              

NAATI翻訳者とはNational Accreditation Authority for Translators and Interpretersの略で、オーストラリア翻訳・通訳の資格を持っている人のことをいいます。

こちらで日本の免許証の翻訳を頼み、書類を日本の免許証と一緒に携帯することによってオーストラリアの免許証の代わりになるんです。

※もちろん州によってどのくらい使えるかの期限が違います。

        

以下では

・自動車運転免許証抜粋証明の取り方

・NAATI翻訳はどうやって申し込むのか

・Multicultural NSWの翻訳の申し込み方

を紹介していきます。

           

自動車運転免許証抜粋証明の取得方法

こちらが使える州は以下の通りです。

VIC州(6ヶ月使用可能)

SA州(12ヶ月使用可能)

WA州(日本の運転免許証の期限が切れるまで)

QLD州(日本の運転免許証の期限が切れるまで※2022年8月から変わる可能性あり)

ACT(3ヶ月使用可能)

クリックするとその州の日本領事館のサイトの自動車運転免許関連に飛びます。SA州はメルボルン領事館の管轄になります。

     

姉やん

その州の領事館に足を運ぶことになります。
代理申請や郵送希望の方は必ず領事館にお問い合わせしましょう。
     
※領事館の方すごく優しいので、電話でパッと聞いちゃうのが一番かと。

取得する際に必要なものは

・自動車運転免許証抜粋証明申請証(事前または領事館)

・現在有効な日本の免許証

・パスポート

申請料は州によって違いますが、在メルボルン・ブリスベン領事館の場合は$26です。

3~5営業日での発行となります。

申請する場合は必ずその州の日本領事館のHPを確認しましょう。

NAATI翻訳者に頼む方法

ワーキングホリデーでオーストラリアに来ている日本人の多くが、NAATI翻訳をされた書類と日本の免許証で運転しています。後から住んでいる州の免許証に切り替えたいという場合にも使用できますので、将来もっとオーストラリアにいたいと思う方は翻訳をしておくといいでしょう。

       

ではNAATI翻訳者さんに頼む方法を紹介します。

STEP
NAATIのHPをチェック

https://www.naati.com.au

こちらのURLをクリックします。

STEP
日本語→英語に翻訳できる人を探す
https://www.naati.com.au

サイト下部にあるSelect an optionでTranslator,Japanese into Englishを選択し調べる

STEP
自分の住んでいる州の翻訳者を探す
こちらはQLDの翻訳者

郵送の場合が多いので、自分の住んでいる州でなくてもいいですがLocationも選べます

ずらりと翻訳者の名前が出てきますので、良さそうな人をクリック

STEP
Practitioner details(翻訳者の詳細)を見る

名前をクリックすると、翻訳者の詳細が出てくる。

そこでその人のHPを見る、実際にメールを送り見積もりを出してもらう。

姉やん

必ず
・翻訳のお値段がどのくらいか
・どのくらい時間がかかるか
・郵送料や郵送について

お見積もりを取ることをお勧めします。
人によって時間も値段も違います。

STEP
実際に手元に翻訳の書類が届けば運転可能

運転をする場合は必ず

・日本の運転免許証

・翻訳の書類

両方を持って運転することが義務付けられています。

         

Multicultural NSWでの翻訳証明書の申請方法

NSWだけはNAATIで翻訳されたものは使うことができず、Multicultural NSWで発行された翻訳証明書が必要となります。

それも国際免許同様3ヶ月しか使用することができないので、3ヶ月以上NSW州に滞在する場合はNSW州の運転免許証に切り替える必要があります。NSW州の運転免許証に切り替えるときもこちらの翻訳証明書が必要になるので、取っておいて損はないと思います。

詳細は在シドニー日本国総領事館のHPにて確認してください。

         

申請方法は以下の通りになります。

参照:Multicultural NSWのHP

STEP
Translation Lodgement Formをダウンロードし記入

 Translation lodgement formに必要事項を記入

STEP
最寄りのServise NSWに予約をする

こちらのHP内にあるBook an appointmentをクリックし、最寄りのServise Centerに予約をする

STEP
必要事項を入力する

名前やメールアドレス、電話などを記入

STEP
予約した日時に手続きをする

必要なものは

・Translation Lodgement form

・現在有効な日本の免許証(翻訳したいもの)

・お金(通常$80、早く欲しい場合は$105 ※2022年現在)

         

オーストラリア各州の運転免許証に切り替える

姉やん

今住んでいる場所にしばらく住みたい!
永住権をとるぞ!と思っている人は
各州の運転免許証に切り替えちゃった方が楽ですね。
    
ただし、ロードトリップやいろいろな州に住みたい人は別。
州間移動してしまうと運転免許証を再度切り替える必要があるので注意。

ドム

僕はカナダの運転免許証だから翻訳は必要なし。
さらにいろいろな州を移動してきたから、結局オーストラリアの運転免許には切り替えなかったよ。
QLDに3ヶ月以上いたけど、特にREGOの更新の時も何も言われなかったかな。

ワーキングホリデーは最大3年間オーストラリアにいることができます。

同じ場所にずっと住むということはなかなかないのかもしれませんが、ワーキングホリデーが終わった後学生ビザに切り替えたりスポンサーをもらって永住権を取得したいという人も多いと思います。

その場合はオーストラリアの免許に変えてしまうのも一つの手ですね。

       

各州のオーストラリア運転免許証の取得については以下のリンクを参考にしてください。   

州名リンク先
NSWtemporary overseas visitor licence
(ワーキングホリデーの場合、永住権保持者以外)
https://www.nsw.gov.au/driving-boating-and-transport/driver-and-rider-licences/visiting-or-moving-to-nsw/applying-for-a-visitor-licence
VIChttps://www.vicroads.vic.gov.au/licences/new-to-victoria
QLDhttps://www.qld.gov.au/transport/licensing/driver-licensing/overseas/transfer
SA永住権保持者は3ヶ月以内にSA州の運転免許証に変えなければならない
他のビザに関しては明記なし。お問い合わせてみてください
https://www.sa.gov.au/topics/driving-and-transport/licences/interstate-and-overseas/drivers-licence-transfer
NThttps://nt.gov.au/driving/driverlicence/new-to-the-northern-territory/transfer-your-overseas-licence
WAhttps://www.transport.wa.gov.au/licensing/transferring-your-overseas-licence.asp
ACThttps://www.accesscanberra.act.gov.au/s/article/act-driver-licence-information-tab-visiting-or-moving-to-the-act
オーストラリアの運転免許に変える

まとめ

日本で発行できる国際免許証は、オーストラリアでは州によって期限が違います。

そのため多くのワーキングホリデーメーカーは現地で翻訳を頼むことが多く、長く住みたいと思った場合にはその翻訳書を使用しオーストラリアの免許証に切り替えることが出来ます。

     

本当は現地の免許証に切り替えなきゃいけないんだけど
実際には翻訳を持っていれば、REGOの更新もできるし
特に何も指摘されないよ~

という人が非常に多いです。

いつから居住しているのかなんていちいちチェックされませんからね。

しかしルールがあるので、オーストラリアで車に乗る人はしっかりと各州のルールを見ておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる